コロナショックの不動産マーケットへの影響

コロナショックで株式市場が荒れてますね。

私も株や投信は買ってますので無関係ではないのですが、落ちた時は様子を見ながらナンピン買いします。資本主義がある限り株価はいつかはまた上がっていく運命ですからね。長期的投資のある意味買いのチャンスととらえてパニック売りなどもしないですね。

では不動産はどうなるのでしょうか?正直私もわかりません。誰か教えてくださいw!なんていうと無責任ですね。基本わかっていることを言うと、不動産は基本株式相場を2年かけて追従していくと言われてます。不動産は株などに比べて通常はゆっくり価格が変動していきますのでちょっと反応が遅い方や物事をゆっくり考えたい方でもやりやすい投資法だと思います。そこが不動産のいいところですね。

これからはいろいろな事情で不動産を手放さなくてはいけない方も増えてくるでしょう。これから2年後にはリーマンショックの2年後のように不動産は叩き売られるようになるのでしょうか?それもあるかもしれません。

私は不動産は2極化が進むと思っています。人気のあるものと無いものの二極化ですね。

ロケーションがよいなど魅力的で人気の物件の値段は特に落ちないのではないかと思います。よい物件であれば欲しがる人は常にいるもので値段が落ちる理由があまりないですよね。

今から投資をなさりたい方は思った時が吉日だと私は思います。不動産価格が落ちるのを2年間お待ちになるののも戦略ではありますが、こんな時期でもしっかりよい物件は見逃さないように私もしっかり見ていきます!

投稿日:2020/03/28   投稿者:廣田美緒